2019年07月日本語能力試験 N1

言語知識(文字・語彙)

問題 1 ___の言葉の読み方としてもっともよいものを 1,2,3、4、から一つ選びなさい。

1.あの態度には猛烈に腹が立った。

 
 
 
 

2.彼女は病を克服して、職場に戻ってきた。

 
 
 
 

3.崩れやすいので、運ぶときは気をつけてください。

 
 
 
 

4.この楽にはウイルスの繁殖を抑える効果がある。

 
 
 
 

5.サイトの履歴は残っていなかった。

 
 
 
 

6.夕日に赤く映える山を写真に収めた。

 
 
 
 

問題 2 (  )に入れるのに最もよいものを 1、2、3、4 から一つ選びなさい。

7.ガスが漏れると、(  )が感知して警告が鳴る。

 
 
 
 

8.彼はロケットを作って宇宙へ飛ばしたいという(  )夢を実現した。

 
 
 
 

9.その優しいメロディーは私の耳に(  )響き、眠りに誘ってくれた。

 
 
 
 

10.兄は科学者として遺伝子の研究に(  )している。

 
 
 
 

11.葉書が届いたが、雨でインクが少し(  )、読みにくかった。

 
 
 
 

12.子供にとってプレッシャーになるので、将来に過度の期待をするのは(  )だ。

 
 
 
 

13.社長になり、トップに立つ者の責任の重さを(  )感じている。

 
 
 
 

問題 3 ___の言葉に意味が最も近いものを 1、2、3、4 から一つ選びなさい。

14.A 社のコンパクトな車はよく売れている。

 
 
 
 

15.無駄な経費は極力減らそう。

 
 
 
 

16.彼は「あ、忘れてた」とつぶやくと、その場を去って行った。

 
 
 
 

17.目撃者の証言には不審な点があった。

 
 
 
 

18.何時間もグラウンドで練習していたので、ばててしまった。

 
 
 
 

19.どんな厳しい状況でも任務をまっとうする覚悟はある。

 
 
 
 

問題 4 次の言葉の使い方としてもっともよいものを 1、2、3、4 から一つ選びなさい。

20.簡素

 
 
 
 

21.解明

 
 
 
 

22.ほほえましい

 
 
 
 

23.目安

 
 
 
 

24.様相

 
 
 
 

25.交える

 
 
 
 

文法

問題 5 次の文の(  )に入れるのに最も良いものを 1、2、3、4 から一つ選びなさい。

26.優勝(  )逃したが、石川選手は今大会で自己ベストを更新する好成績を収めた。

 
 
 
 

27.今度の正月休みには、留学している息子も帰ってくる(  )、久しぶりに家族旅行にでも行こうかと思っています。

 
 
 
 

28.兄が会社の採用面接試験から帰ってきた。表情が明るいところを見ると、( )うまくいったようだ。

 
 
 
 

29.このレストランは、料理はおいしいのだが、皿が安っぽい。もう少し良いものを使えない(  )と思う。

 
 
 
 

30.先生「木村くん、このレポート読んだよ。うまくまとめられなかったって言ってたけど、けっこうよく(  )。」
木村「ありがとうございます。」

 
 
 
 

31.駅前のうどん屋「やまむら」は、最近テレビで紹介された(  )、毎日店の前に長い行列ができている。

 
 
 
 

32.今回の事故について社長が会見を行ったが、あれでは何の説明(  )、わが社の信用が失われるだけだ。

 
 
 
 

33. 小村「ねえ、今日のダンスの練習、山口さんも来るんだよね?」
森.  「どうだろう。あの人、来るって言ってても、(  )だから……。」

 
 
 
 

34.昨日大学で声をかけられたサークルの勧誘には困った。強引に話を進められて、危うく入社(  )。

 
 
 
 

35. 高橋「林さん、ギター教室探してるって聞いたけど、見つかった?」
林「いえ、まだなんです。」
高橋「よかったら、私が通ってるギター教室、見学してみない?見学したからって、(  )し、どう?」

 
 
 
 

問題 6 次の文の__★__に入る最もよいものを 1、2、3、4 から一つ選びなさい。

36.X 医院は、患者を___ ___ ★ ___近々予約制を導入するらしい。

 
 
 
 

37.昨日、友人から野菜ジュースをたくさんもらった。一人暮らしだとインスタント食品ばかり食べてしまって ___ ___ ★ ___ありがたい。

 
 
 
 

38.(ホームページーで)
Q: 洗剤をたくさん使ったほうが、洗濯物がきれいになります。
A: 洗濯物を___ ___ ★ ___悪臭の原因にもなります。適量を守りましょう。

 
 
 
 

39.この町には、大正初期に建てられた洋館があるらしい。前々から___ ★___ ___帰ることはできない。

 
 
 
 

40.私は、___ ★ ___ ___と思い、校内に畑を作って生徒たちに野菜を育てさせること を校長に提案した。

 
 
 
 

問題 7 次の文章を読んで、文章全体の内容を考えて、41 から 45 の中に入る最もよいものを 1、2、3、4 から一つ選ぶなさい。

人間とは着きのようなもの
この世を生き抜く上で知っておくべき言葉がある。
きず一つは、「人間は謎」だということ。 人は自分では何でも分かっているつもりでも、本当は自分自身のことをよく理解できていないものだ。自分 で自分のことを理解できていないのに、どうして他人のことを理解できるのか。これが、(41)一つ。

それからもう一つは「人間は月のような存在だ」ということ。自分が他人に見せて いる「自分」は、相手に応じて見せる「光り輝いている部分」であって、ほかのところに行けば、また(42)顔をす る。上司の前では部下の顔をするし、お得意さま(注 1)の前に行けばそれなりの顔をする。自分だけじゃない、 みんなが千変万化する(注 2)ものであり、人は他人に対して、基本的には常に自分の明るい部分を見せてい るということだ。

他人には満月を見せていて、人という光に当たって誰もが輝いて見えているが、その裏側は黒く、暗いもの だ。その暗いものを自分が持っているということを最初から分かって(43)、その人はもう、すぐにでも心が平和 になるだろう。

そうすれば、「あの人は信じられる」とか「信じられない」とか、「裏切られた」という思いもなくなる。人間社 会という宇宙の上に回っていて、その人間が裏側を見ている場合もあるのもしかたのないことで、人間関係と いうのは、〝引力〟とかいろんなことが関係してくるということも(44)

だからこそ「人間は謎」であり、たまには元気がなくなったりして、三日月になったりするけど、いつも光って 見える。(45)裏側に、真っ暗で人に見せたくない部分を誰も持っていて、そのすべての面を見ることは誰にも できない。

見えている部分の裏側にある面の存在を認識できていれば、変に気持ちが揺さぶられることもなくなるの だ。

(注 1) お得意様:ここでは、取引先
(注 2) 千変万化する:様々に変化する

41.

 
 
 
 

42.

 
 
 
 

43.

 
 
 
 

44.

 
 
 
 

45.

 
 
 
 

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *